エコアクションキャンペーン

frf07

エコアクションキャンペーンとは?

エコアクションキャンペーンは、様々なイベントを通して、参加型の社会を実現させるためにメッセージを発信する場です。 キャンペーンブースでは訪れた来場者自身がイベントの環境対策に参加するなどの体験を通して、私たちを取り巻く環境に関する気付きや問題点を提供します。

さらに、来場者がそれを日常に持って帰り、自身のライフスタイルに反映させたり、社会のしくみを変えるためにアクションしたりするよう働きかけます。 野外音楽イベントなど非日常の空間で、“From Festival To Your Life Style”というメッセージを来場者に伝える場、それがエコアクションキャンペーンです。 またオフィシャルサポーターとのパートナーシップによるオリジナルグッズも製作し楽しく参加できるキャンペーンを今年も展開しています。

FUJIROCK FESTIVALやSUMMER SONIC OSAKAなどのイベントで様々なキャンペーンを実施し、2007年度は1万2千人を超える来場者がキャンペーンに参加しました! より多くの人に「キャンペーンに参加して、普段の生活の中でも環境を意識するようになった」と言ってもらいたい!という思いで活動しています。

frf07

どんなキャンペーンがあるの?

イベントの趣旨や主催者の要望、来場者層などを考慮して様々なキャンペーンの企画を行っています。 どのキャンペーンでも“From Festival To Your Life Style”という基本コンセプトを大切にして、来場者にいろんな気づきを持ち帰ってもらうため に体験型の内容を用意しています。

ごみ拾いキャンペーン

キャンペーン参加者は会場内のごみ・資源を拾い、 キャンペーンブースでリサイクルできるものとできないものに分別します。 来場者自身が会場内のゴミを拾うことでより参加型のクリーンアップ活動を実現し 参加者の環境意識を高めることが、ごみ拾いキャンペーンの目的です。

frf07

資源分別キャンペーン

ラベルがついたままのペットボトルなど、きちんと分別されていない資源はリサイクル することができません。そのような分別されていない資源を、来場者自身がキャンペーンブースで分別し、イベントで出る資源をリサイクルしよう!というキャンペーンです。 ペットボトルの他にも、割り箸、紙コップ、たばこパック、ペットボトルのキャップなどの分別をしてもらい、それぞれがリサイクルされて生まれ変わります。 大量の資源を分別することでイベントへの参加意識を高め、日常でも自分たちが出すごみについて考えてもらうことを目的としています。

エコショッピングキャンペーン

私たちがほぼ毎日する買いものを、環境の視点で見直してもらおう!というのが エコショッピングキャンペーンの目的です。 ふだん私たちが買いものをするとき、商品を選ぶ基準は値段や味、デザインなど様々です。 しかし世の中にある商品は、様々な社会問題を含んでいます。 例えば、国内産のりんごと外国産のりんごでは、どちらが環境に優しい商品だと言えるでしょうか? エコショッピングキャンペーンではそのような「環境」という視点での買いものクイズ を出題し、参加者に、買いものに対してエコな視点を持ってもらうきっかけを提供します。


ページの上へ移動