ポストカード

「かっこ悪いことも含め、全部見せたいという使命感」。本能に従っているのにけがらわしくない、そんな犬のようなスタイルでという事から名付けられたバンド名に象徴されるように、三宅さんの語る一つ一つの言葉は、とてもまっすぐ響く。A SEED JAPAN(以下ASJ)との関わりを含め、そのうちに秘めているものを語りつくしてくれた。

ASJとの出会い

三宅さん(以下M):1997年のFUJI ROCK FESTIVAL(以下FRF)にお客さんで行ったんだ。ただその年は台風直撃の年で。ビニール袋を駆使して雨をしのぐ人が多かったんだけど、「2日目は中止になりました。下山してください。」ってなった途端、要らなくなったビニールがわんさか出た。そのせいか1年目はごみの印象が強かった。2年目は場所が変わったのもあったけど。対策したんだなっていう感じで。3年目になって今の苗場に場所が移ったんだけど、ASJのごみ箱ブースが非常に印象的だった。そしてFRF最大のステージ、グリーンステージで転換の合間にマイクを持っているオッサンがいたんだけど、実はそのオッサンこそがカンタさんだったっていう(笑)。

羽仁カンタ(以下H):あはは(笑)。あのころはステージアピールが今よりも多かった。でもその当時のことを覚えてくれている人がいるっていうのは嬉しいことだね。

M:そしてそれがASJとの出会いになるのかな。分別をナビゲートしてくれるから、ちょっと遠いごみ箱でも、「自分でごみを捨てに行こう」、「きちんと分別しよう」って思えた。

音楽を始めたキッカケは?

M:FRF1年目で「下山してください」ってなって、下山口で待っている間、寒くてみんな震えているのに、関係者の人は見ているだけだった。それに腹が立って、俺は逆の行動、つまり登山をしたんだ。そこでテントを張っていた外国人の集団に出会って、弦のとれたギターとかでセッションしたりして、楽しい時間を過ごした。その集団のリーダ格の人に「日本にもロックがあるということに気付いた。ありがとう」って言われてすごく嬉しくて。で、東京に戻ってとある映画を見ていた時に、そのリーダー格の人が映画に出ていた。ジョー・ストラマーだった。彼の所属するクラッシュというバンドはものすごく社会的で、精神的なものがパンクだった。ものすごく繋がりを感じたんだ。その時、自分もこの人たちと同じステージに立ちたいと思ったんだ。

H:ASJを知ったキッカケといい、音楽を始めたキッカケといい、三宅君にとって、FRFは大きな存在の一つなんだね。

M:うん。特にジョーに出会ったことは大きかった。犬式がレコードを出して1年後に彼が亡くなったんだけど、その時俺は初めて、人が死んで泣いた。「あなたに出会った少年がクリエイターとして世の中に出た」ということを伝えたかった。後悔したし、やりたいときにやりたいことをやろうって思うキッカケにもなった。

若者に対して

H:後悔しないように、っていうこともそうだけど、今の若者に対して思うことや伝えたいことってある?

M:若者っていうか一般大衆に向けてだけど、自我の発露が遅過ぎるっていうのはすごく思う。自分で考える力がなかったとしても、感じる力というのは誰にだって備わっているものなんだし。だからこそ安易な共感をしてはいけないと思う。自分の意識を、意見を、しっかり持つことが大事。あとね、戦後の教育のせいもあると思うけど、日本人はケンカがとてもヘタだと思う。議論っていうのも一つの喧嘩でいいと思うんだ。日本人は議論を避けて通るじゃない?だからイエスマンになりがち。けど、自分の意見に波風立てたって、結論までのプロセスで得ることはたくさんあるから。使われやすい人材になっちゃダメだよ。自分の周りのことのために、他の何かを傷つけることを正当化してしまうことになるから。

H:それは環境問題にも繋がる言葉だよね。

M:ごみをどうするっていう発送の前に、なぜそういうことを考えならなくなったのかっていうところでさ、やっぱり自分を取り巻くテリトリー以外の大きな流れや、当たり前のループに対して、すごく無関心すぎると思うんだ、現代人って。だからこそ他の何かというところまで意識がいかないしね。あとはそこに対しての知識が必要だと思う。科学的な知識が得られる現代に生きているんだし、それを積極的に取得していかないのは、もったいないと思う。

ボランティアスタッフのみんなへ

M:一人一人の存在感、ボランティアが楽しそうに活動しているのを見ているだけで、フェスって息づく!一人一人の力って小さいかもしれないけど、少なくともFRFでは十万人のお客さんがその存在感を感じているから。その確かな影響力に自信を持って欲しいと思う。誰に褒められなくとも、少なくとも俺とカンタさんは見てるぜ!


ページの上へ移動