タイトル

サークルやアルバイト、会社とは違う、今までにない世界があなたを待っています。

  • 環境問題や社会問題に関心がある人
  • 仲間と1つのことをやり遂げる時間を過ごしたい人
  • 主体性を持って自発的に活動したい人
  • 自分の意見を持って、はっきりと言葉にできる人
  • 社会の中で活かせるような経験・スキルを吸収したい人
  • 1年以上を目処に、継続して活動に参加する意志がある人

オリエンテーション(説明会)開催概要

日  程

場所

 12月7日(水)

19:00〜21:00

NPO iPledgeオフィス
東京都渋谷区神宮前1-10-34-308
JR原宿駅 徒歩3分

 12月26日(月)

19:00〜21:00

  • 申込者には、メールでご連絡させていただきます。
  • 上記日程に参加できない場合、個別にお問い合わせください。
  • なるべく早い日程での参加をお願いします。

コアスタッフとは?

コアスタッフとは、長期的(一年〜数年間)にiPledgeの活動に関わるボランティアスタッフです。
iPledgeが行うプロジェクト(ごみゼロナビゲーション、LiFE BUFFET)において、
イベント開催の何ヶ月も前から議論を重ねて準備を行い、
イベント当日には当日参加のボランティアをコーディネートしたり、現場運営を担います。

社会に影響力のある活動を行うために、イベントで活躍するプロフェッショナル達と対等な、
クオリティーの高い活動ができるよう、チームワークを大切にして活動しています。

  • コミニュケーション力
  • プレゼンテーション力
  • ファシリテーション力
  • 自己管理力
  • 企画・計画力

など、学生生活から、就職活動、社会に出てからも様々な場面で活かせるスキルが身に付くこともコアスタッフの魅力の一つ。
活動を通じて、ここでしかできない経験や知識を得て、また本気で語り合える仲間をつくり、コアスタッフ自身の成長を目指しています。

※普段の活動は、主に原宿のiPledgeオフィスで週1〜2回程度、全体ミーティングやチームでの作業を行っています。
特に活動が集中する6〜9月は、ミーティングや作業日も多くなります。
※大学生が多く参加していますが、高校生や社会人のコアスタッフも参加しています。

 


プロジェクトの紹介

1)ごみゼロナビゲーション

ごみゼロナビゲーションは、1994年に活動を開始し、FUJI ROCK FESTIVAL、SUMMER SONIC OSAKAなど
現在では年間約30本の様々な野外イベントを中心に、環境対策活動を企画・実施しています。

ごみゼロナビゲーションの活動は「ごみ拾い」ではありません。

ごみをポイ捨てする人がいて、そのごみを拾う人がいる。そのような構図のままでは、
社会はいつまでも変わらないと考えているからです。誰かがごみを拾うのではなく、
イベントに参加する全ての人々が、自分たちの手でごみや資源を分別できるようにすることで、
クリーンでピースフルなイベントをつくりあげることができる、と信じています。

具体的には、来場者へのごみ資源分別ナビゲート、飲食エリアへのリユース食器の導入・運営、
マイ食器マイボトル持参の啓発ブースなどの活動をボランティアと一緒に行い、「ごみ」を切り口として、
来場者・主催者とともに、より「参加型のフェスティバル」を創り上げています。



ごみ・資源の分別ナビゲート ボランティアケア
ごみ資源の分別ナビゲート

「自分のことは、自分でできる」が基本。
イベント会場でボランティアがエコステーション(ごみ箱)に立ち、来場者にごみ・資源の分別を促すことで、みんなが自発的な意識を持って物事に取り組んでもらえるようナビゲートしています。

詳細をみる。

ボランティアケア

イベント当日は多くのボランティアと一緒に活動を創っています。ボランティアの募集から当日の運営まで、ボランティアの動きをコーディネートしていきます。
「またやりたい!」と思えるような、楽しく充実感のある活動の基盤を創ります。

詳細をみる。

ecoアクションキャンペーン オリジナルごみ袋の配布
ecoアクションキャンペーン

環境や社会の問題を考えるきっかけとして、来場者参加型のキャンペーンを企画・運営しています。参加型社会を実現するために、キャンペーン参加者の意識改革を目指して活動しています。

詳細をみる。

オリジナルごみ袋の配布

会場における環境対策活動を効果的に伝えるため、入場ゲートでオリジナルごみ袋の配布を行っています。イベント毎に違うデザインのごみ袋をタワーレコードや各主催者とコラボレートして作成し、来場者に配布しています。

詳細をみる。

Dish Reuse System マイ食器・マイボトルをもってフェスに行こう
オリジナルごみ袋の配布

イベント内における飲食物を全て洗って繰り返し使えるリユース食器でお届け!貸し出しから回収・洗浄、そしてまた貸し出しと、飲食容器のごみが一切出ない循環型のしくみを創り上げています。使い捨て社会をまずはイベントのしくみから根本的に変えていきます。

詳細をみる。

オリジナルごみ袋の配布

より美味しくエコにご飯を食べる為に、お気に入りのマイ食器やマイボトルを持ってフェスに出かけよう!メッセージを伝えアクションを促すブースの運営を行っています。

詳細をみる。

活動紹介

年間約25本のイベントで活動!!

  • FUJI ROCK FESTIVAL
  • SUMMER SONIC OSAKA
  • 京都音楽博覧会
  • RUSH BALL
  • 情熱大陸 SPECIAL LIVE
  • WORLD HAPPINESS
  • 中津川 THE SOLAR BUDOKAN
  • Earth Day Tokyo
  • 肉フェス
  • 頂-ITADAKI-
  • earthgarden夏
  • 朝霧ジャム
  • みなと区民まつり
  • 土と平和の祭典
  • earthgarden秋
  • フィエスタデ・エスパーニャ
  • 東京ピクニック
  • japan fishermans festival
  • エコプロダクツ
  • など

2)LiFE BUFFET(ライフビュッフェ) プロジェクト

就職、転職、独立、結婚。前に進みたい、だけどその1歩が踏み出せない。
そんな人たちを応援したい。「だいじょうぶ!」と背中を押したい。
こんな想いから生まれたプロジェクト。

企業や自治体、フリーランス、自営業、NPOなど、様々な働き方・生き方をしている人たちをゲストに招いた、
トークセッションを企画・実施したり、開催した企画のレポートやゲストインタビューをまとめた、
フリーペーパーの編集・制作・発行等を行っています。

    LiFE BUFFET企画例
  • 『LiFE BUFFET』生き方について考えるトークイベント 企画・開催
  • 空と麦わら~古民家改装体験~ (年5回開催)
  • Campus × Compass ~高校生/大学生向け 参加型トークイベント~(年数回開催)
  • 醤油仕込み&絞り体験(2月開催)
  • フリペーパー「LB」企画・編集・発行
  • 環境イベント等でのブース出展


イベント「LiFE BUFFET」 フリーペーパー「LB」
イベントLife Buffet

やりたい!やらなきゃ!と強く感じた心の声に素直に従いながら、 それを仕事にしている20-30代をゲストに迎え、90分1コマの「生き方教室」を開講! いろいろな生き方をつまみ食いできる、プロジェクトの看板イベントです。

イベントLife Buffet

毎日の授業やバイト、仕事が忙しくて、働き方や暮らし方、自分のやりたいことに向き合う時間も余裕もない。。そんな人に、自分と向き合い考える10分をお届けする、いろいろな働く人の日常と頭の中を紐解くフリーペーパーです。
LB vol.2を見る



コアスタッフからのメッセージ

羽仁 カンタ(統括責任者)

「人生は、やる気と行動力で決まる」
みなさんは、自分のやりたいことできていますか?
自分の可能性を信じて本気で関わるスタッフと共に活動がしたい。 上辺だけの関係はごみゼロにはありません。曖昧な返事やなんとなくもありません。 絶えず本質的な議論をして、情報を共有して、様々な事を仲間と共に決めていきます。 ボランティアだからといって、適当に関わっていくメンバーは必要ありません。

ぼくたちは、素人ですが環境団体として誇りを持ち、野外音楽イベント業界に様々な提案をしています。 対処療法的な活動ではなく、問題の根本を変革していく活動を大切にしています。だから他人が捨てたごみを僕たちは拾いません。

1年目で経験して、2年目は率先して、そして自分の企画を実行する人が多くいます。 ですので、真剣に関わりそして本気で意見を言って、2年以上関わる仲間に参加して欲しいと思います。

橘 かおり

「失敗できるから成長できる」
自分自身を成長させたい、大学生の間に何かやりたいと思っていたとき、ごみゼロのコアスタッフが大学の授業にプレゼンに来ました。同世代のコアスタッフが堂々とプレゼンしている姿を見て、私もここで成長したい!と思い、コアスタッフになりました。

ごみゼロに入るためには、特別な知識や技術は必要ありません。みんな始めは普通の大学生です。出来るかどうかわからないけどやってみたい!という人を信頼して任せ、失敗したときはフォローする。コアスタッフはこれを繰り返して成長していくのです。大学生になって思うのは「失敗できる」環境は意外と少ないということです。思い切って行動して、失敗して、また挑戦する。こうやって自分を成長させていける環境がごみゼロの魅力です。

高田 莉子

「私このままでいいの? 変わってみたい」
そう思ったのが、私がごみゼロに参加したきっかけでした。実は私は、大学受験で志望の大学に入ることができず、浪人する覚悟がなくて今の大学に入り、入学後は楽な授業を取り、週一のゆるいサークルを選び、他と比べて楽なバイトを選ぶように。何に対しても本気になることはなく、すべて「それなりに」楽しいという日々。でも本当にこれでいいのだろうか、こんな自分を変えたい。そう思ってネットで見つけたのがごみゼロの説明会。力強く自信をを持ってプレゼンするコアスタッフが自分と同じ年齢の学生であることに衝撃を受けました。そして、元々イベント好きだったことや、「ごみを拾わない」という考えに共感したのも、参加の決め手でした。

実際の活動では、辛さや困難はありますが、その分終わったあとには言葉で言い尽くせない達成感があります。普通の大学生である私が、活動を通して来場者の意識が変わるきっかけづくりができると思うと、もっと活動のクオリティーをあげたい!という目標もできました。また、今まで以上に社会や環境に興味が湧いて、自分でできる範囲のエコ活動を実践するようになりました。

小笠原 康太

「本気の仲間」と「本気の自分」に出逢えます。
これを読んでいるあなたは、本気で何かに取り組んだ事がありますか?趣味、バイト、部活、サークル、恋愛。何でも良いです。本気で何かに取り組んだ事がありますか? iPledgeは、仕事でもなければ、学校でも、バイトでも、サークルでも、遊びでもない。

でも、iPledgeのメンバーは、一人一人自発的に活動をしています。そして、やるからには本気で社会を変える活動をしています。そんな「本気の仲間」がiPledgeにはいます。iPledgeのみんなは、仲間のためだったら、本気で怒るし、本気で喧嘩もする。 仲間のために本気で泣いて、本気で笑う。そして、本気で遊ぶ!!本気でやりたいって、そう思わせてくれる仲間がいる。みんなの事を自分の事のように想い合える仲間がいる。

ここでは、「本気の仲間」と「本気の自分」に出逢えます。そして、あなたの本気が自分を、仲間を、社会を変えます。iPledgeでの出逢いは一生モノ。これは絶対!!

中村 綾乃

「フェスが好きだから。」
そんな安易な理由で参加した団体が、自分が知らなかった人々、世界、文化へと繋げてくれました。

iPledgeで出会った色々な人が自分を認めてくれたからこそ自信がついたり。活動の背景にあるような社会の複雑な課題を知って、自分を見失い人生に迷ったり。そんな気持ちがもやもやとしてホロ苦い自己との対峙の青春も、仲間とのアツいキラキラした青春もあるのがiPledge!

自己成長したいならインターンがあるし、遊びたいならアルバイトで稼いで遊べば良い。じゃあ何でiPledgeなの!?それは、自分のために未来のために、本気で社会を変えたいから。そんなとき、自由に自分らしく挑戦させてもらえたiPledgeに、あなたが来るのを待ってます!





オリエンテーションから活動開始までの流れ


1

 オリエンテーション(説明会)に参加する。

        

2

 何度かミーティングやイベントでの活動にお試し参加してみる。
 ※コアスタッフになるかどうか決まっていなくても大丈夫!

        

3

 コアスタッフになると決めたら、宣言する。

        

4

 ミーティングに参加して、役割を持って活動する。



活動の様子

活動の様子は随時Facebookにて更新しています!




ページの上へ移動